パソコンを中古で購入するメリット

電化製品などを購入する際、多くの人は、他人が使った後のものよりも、誰も使っていない新品のものを買ったほうがよいと考えます。特にパソコンの場合であれば、手で触れて作業をすることも多いため、新しいものが欲しいと考える人も多いと言えます。それに性能を重視する人の場合も、古い機種のものより最新機種のほうがスペックは高いため、どうしても新しいものを選んでしまうという場合が多いでしょう。しかし、予算が少ない場合や、節約をしたい場合、そして、それほど高いスペックにこだわらない場合や、多少古くても気にならない場合などは中古を購入したほうがお得な場合があります。ここでは、新品を購入する場合では得られない、中古パソコンを購入する場合のメリットについて紹介します。

何といっても新品より安く購入することができる

まず一番に挙げられるメリットは、何といっても「新品より安く購入できる」ということです。安いものだと1万円程度で購入できるものもあるため、新品のものを購入する場合と比べるとかなりお得だと言えるでしょう。ただし、あまりにも激安なものは、スペックが低すぎたり、キズなどが多い場合があるため、購入する前によく確認する必要があるでしょう。そして中古のパソコンは、同じスペックを持つ新品よりも安く購入できるため、新品では値段が高すぎるような比較的高スペックなものを購入したいときにも便利です。また、数年前に販売されたものであれば、比較的スペックが高いものも多いため、ある程度のスペックのものが欲しい場合は、できるだけ新しい機種のものを選ぶということがポイントの一つになるでしょう。

気を遣いながら使用しなくていい

次に挙げられるメリットは、新品の場合のように「気を遣いながら使用する必要がない」ということです。新品の場合だと、キズがつかないように気を遣ってしまいますが、もともと古いものであれば、仕事で雑に使ったり、子どもに使わせる場合などでも、それほど気を遣う必要がありません。それに、今までインストールすることをためらっていたソフトも、気軽に試すことができるでしょう。その他のメリットとしては、「意外と故障しにくい」ということが挙げられます。中古のパソコンは、致命的な故障があるものはそもそも販売されませんし、以前使っていたときにちゃんと動作していた実績があるものなので、ある意味、安定した状態にあると言えます。そのため、意外と故障しにくいということになると言えるでしょう。

2017年5月31日